今回は2022年4月29日に発売された『 Fnatic Gear Bolt 』のホワイトバージョンを購入したので、製品の外観や使用感を中心に気になった点などを書き綴っていきます。ちなみにFnatic Gear製品は初購入。

↓Youtubeで本製品の開封&レビュー動画をアップしていますので是非ご覧ください

スペック

重量
Weight
White:69g  ※1
Black:67g
センサー
Sensor
PixArt PAW3370
サイズ
Size
120.89mm×55.44mm×38.53mm
L:長さ×W:横幅×H:高さ  ※2
スイッチ
Switch
Kailh GM 8.0
解像度/感度
DPI
Default   
 400/800/1200/1600
Software
 100~12000  ※3
リフトオフディスタンス
LOD
1/2mm
ポーリングレート
Polling Rate
125/250/500/1000Hz バッテリー持続時間
Battery Life ※4
無線(2.4Ghz)
  最大110時間
Bluetooth
  最大210時間
接続方法
Connection
無線(2.4GHz)
有線(USB)
Bluetooth
本体価格
Price
13,200円  ※5

※1 実測重量は69.4gでした。
※2 横幅はマウス中央の公称値、マウス前部は61.05mm マウス後部は62.88mm(いずれも実測値)
※3 外箱や各種サイトでは最大19000dpiと記載されていますが、ボタンやソフトウェアでの設定は12000dpiまでしかできませんでした。クイックガイドには100~12000dpiの記載あり。
※4 RGB OFF時
※5 購入時点のAmazon価格

開封/内容物

開封

外箱は黒とオレンジの2色を基調としたデザインです。

内容物

  1. マウス本体
  2. 接続/充電用ケーブル(PC側:USB Type-A, マウス側:USB Type-C)
  3. ワイヤレス延長アダプター
  4. USBワイヤレスレシーバー
  5. 交換用マウスソール
  6. クイックガイド
  7. 規制情報ガイド

シェル/形状

シェル

マウス表面はサラッとした少し粗目のマットな質感です。表面の触感が似たマウスとしてはSteelseries PrimeシリーズやHyperX Pulsefire Hasteなどが挙げられます。手が滑りやすいのでグリップテープが欲しくなります。

形状

左右対称形状でサイドが少しだけくびれており、マウスのお尻部分が高くなっています。長さに対して横幅が少し大きめ。形状が似たマウスとしてはZowie S2が挙げられます。

かぶせ持ち

マウスのお尻が高い形状なので手のひらでマウスを固定しやすくフィット感も良いです。ティルトグリップでも斜め持ちでも手のひらにフィットし、しっかりグリップできます。マウスの長さが短めなので手が小さい方の手にもしっかり収まりそう。

メインボタンが側面に対してせり出していないので、薬指小指を置くスペースが広く窮屈さがありません。

つかみ持ち

かぶせ持ち同様手のひらでマウスを固定しやすくしっかりフィットします。サイドのくびれにクセがないので指の配置の自由度が高く、どのつかみ方でも快適です。

つまみ持ち

マウスの横幅がちょうど良く、サイドのくびれにクセがないのでしっかり指先でグリップできます。マウスの長さが短めなので手の中の可動域をしっかり確保でき、指先での操作がしやすいです。

ボタン/ホイール

メインボタン

クリック感は若干硬め、ストロークは若干長めで、カチカチとした歯切れのよいクリック感です。ただし、強めのクリックで押し切った時に少しカタつきを感じます。

サイドボタン

サイドボタンはカタカタとしたメインボタンとは全く異なるクリック感で、人によってかなり好き嫌いが分かれそう。個人的にはあまり好きではないです。ボタンの配置・形は押しやすくGOOD

ホイール

ノッチ感は普通、重めで粘り気のある回し心地です。ホイールクリックは硬め。

DPIボタン

押しやすくクリック感も良いです。

スイッチ/センサー/ソール/ケーブル

スイッチ

底面の切替スイッチで2.4GhzとBluetoothの接続切替ができます。

センサー

センサーはおおよそ真ん中に付いています。使用中にマウスポインタの飛びは特にありませんでした。
(マウスパッドはVaxee PA Mousepadを使用)

ソール

ソールは前部に1枚、後部に1枚の計2枚。

滑りが良く止めは可もなく不可もなく、引っ掛かりは感じません。Logicool G Pro X SuperlightやZowie S2よりも滑り、止めに関してはわずかに止めにくいような感じがしました。止めは微妙な差なのでほとんど同じといってもいいかもしれません。なんなら私の気のせいかも、、汗 (マウスパッドはVaxee PA Mousepadを使用)

ケーブル

ケーブルは細目で柔軟性はあまりありません。

その他

ソフトウェア

専用ソフトウェアはFnatic OP Software。ライティング/DPI/直線補正/ポーリングレート/リフトオフディスタンス/デバウンス/スリープ等の設定が可能です。ボタン割り当て/マクロなどの機能はありません。

ソフトウェアはファームウェアアップデートをしないと使用できず、マウスとUSBワイヤレスレシーバーの両方をPCに接続して両方のアップデートをする必要があります。このアップデートが厄介で、アップデート中にソフトウェアが落ちたりアップデートしたはずなのにまたアップデートを要求されたりと、ソフトウェアが使えるようになるまで時間がかかりました。また、私の環境だけかもしれませんがソフトウェアの起動が遅いです。

ライティング

ライティングパターンは5パターン。

  1. Static
  2. Pulse
  3. Fade
  4. Heartbeat
  5. Reactive

まとめ

GOODポイント

  •  形状は文句なしで良く、どの持ち方でも持ちやすい
  •  ソールの滑りが良い

BADポイント

  •  手が滑りやすい
  •  メインボタンを強めにクリックしたときにカタつきを感じる
  •  サイドボタンのクリック感が人によって好き嫌いが分かれそう
  •  ボタン割り当て、マクロなどの機能がない
  •  ソフトウェアの起動が遅い(私の環境だけかも)
  •  ファームウェアアップデートがなかなか上手くいかない

所感

値段を考えると全体的なクオリティはちょっと微妙かなと思います。特にボタン周りとソフトウェアが個人的に残念でした。形状はとても良いのでこれからの製品に期待したいですね!

リンク

Fnatic Gear公式ページ

開封&レビュー動画

おすすめの記事