今回は3月15日に発売された長尾製作所のマウスディスプレイスタンドのホワイトバージョンを紹介します。

2年ほど前のブラック発売以降ずっと期待していたホワイトバージョンがやっと発売されたので、購入して実際にディスプレイしてみました。本記事では開封・組み立て・ディスプレイの様子をお送りします。

↓Youtubeで本製品の開封動画をアップしていますので是非ご覧ください

スペック

カラー
Color
ブラック
ホワイト
寸法
Dimensions
85mm×100mm×150mm
W:横幅×D:奥行×H:高さ
本体重量
Weight
297g 価格
Price
ブラック:約2,200円
ホワイト:約3,720円

※寸法と本体重量は実測値

開封/内容物

開封

ディスプレイスタンドは透明の袋に入っています。

内容物

  1. マウスディスプレイ金具
  2. マウスディスプレイスタンド - ベース
  3. ディスプレイ用ピン/ネジ/ワッシャー/滑り止めゴム足
  4. ケーブル結束バンド
  5. 取扱説明書

組み立て

1. ディスプレイ金具とベースをネジで固定します。

2. ネジとワッシャーでディスプレイ金具にディスプレイ用ピンを取り付けます。

3. 底面に滑り止めゴム足を貼ります。 ※ディスプレイスタンドがけっこう滑るので貼り付け推奨。

↓以下が完成品です

比較

ディスプレイ本体は形状/サイズ/重量ともにブラックとほとんど変わりません。

ブラックは滑り止めゴム足が平面でしたが、ホワイトでは曲面になっています。これによりゴム足が地面に張り付きにくくなったため、ディスプレイスタンドの移動がしやすくなっています。

※ブラックの方は発売当初に購入したものなので、現在はブラックもゴム足が曲面になってるかもしれないです。

気になる点

ケーブルポケット

後ろにはケーブル収納用のポケットが設けられており、結束バンドで束ねたケーブルを収納することができます。それほどスペースが広いわけではないのでケーブルが長い or 太いと収まらない場合アリ。

塗装剥げ

ディスプレイ金具に2箇所ほど傷による塗装剥げがありました泣、白なので傷が少し目立ちます。ただ、白いマジックで塗りつぶせばそれほど気にならなくなるかも?

※説明書の注意事項に製造工程で軽微な擦り傷が生じる場合があると記載あり

価格

ホワイトはブラックに比べ1,500円ほど高くなっています。
せめて3,000円切っていれば2つ購入したんだけど、、

ディスプレイ

↓実際にディスプレイしてみたので画像を載せておきます。

一応PS5のコントローラーもディスプレイできますが、安定性はイマイチです。見た目はGOOD

まとめ

GOODポイント

  •  見た目最高
  •  色合い、質感良し
  •  ゴム足が地面に張り付きにくくなっている

BADポイント

  •  軽微な傷による塗装剥げ、傷が目立ちやすい
  •  ブラックに比べ価格が高い

所感

白いマウスにめちゃくちゃマッチします。デスクを白で統一している方は迷わず買いだと思います。値下がってくれたら追加で購入したいですね。

リンク

長尾製作所公式ページ

開封動画

おすすめの記事